bg-upper-for-blog 2.jpg
はらんなか
投稿:池田弘美(新潟県・マーマーな農家サイトスタッフ)
harannaka.jpg
icon02.png
宅配
icon01_s.png
学ぶ場
農家サイト_新潟_アートボード 1.png
 

「はらんなか」は、豪雪で有名な新潟県中魚沼郡津南町で、家族経営をしている農家。

東京生まれ千葉育ちの宮崎朗(あきら)さんが、1996年にⅠターンして、農業をはじめました。

「香りと味を大事にする」「自分が食べたい野菜をつくる」を理念に、おいしさ、楽しさを伝えられる農家を目指しています。

畑で越冬させ、早春に雪の下から掘り出した、甘い「雪下にんじん」からつくるオリジナルの「雪下にんじんジュース」、在来種の大粒大豆「さといらず」を使った「さといらずの炒り豆」を直接通販しています。

農法_______________________

無農薬、有機農法
作物によっては、JAS有機認証の農薬を使う場合もあります
大豆、アスパラ、にんじん、さつまいも、じゃがいも、そば、小麦は無農薬栽培
稲、スイートコーンは慣行栽培です

取り扱い作物_______________

雪下にんじん、大豆、アスパラガス、さつまいもなど約9品目
加工品は、雪下にんじんジュース、さといらず(大豆)の炒り豆

農業体験&ワークショップ___


WWOOFを通して、農業体験を行なっています

住所______________________

〒949-8204
新潟県中魚沼郡津南町谷内1023-5

問い合わせ先______________

電話番号:025-765-3073
ファックス番号:025-765-3073
メール:harannaka@ybb.ne.jp

ホームページ

https://harannaka.jimdofree.com/

ブログ

http://harannaka.blogspot.jp/

☆日中農作業に出ていることが多いので、電話は12時〜13時、18時〜20時が連絡をとりやすいです。
☆ファックスは、できるだけ20時までにお願いします。

推薦者よりひとこと________

「雪下にんじん」は、地元では春の訪れを感じさせてくれる野菜です。

3m以上の雪の下で冬を越した「雪下にんじん」は、はじめて食べるとビックリするくらいの甘みがあります。

にんじんが苦手な人でも食べられるという話も。

「はらんなか」さんの「雪下にんじんジュース」は、食物繊維たっぷりで、爽やかな甘みがありながら濃厚な味です!

素朴でかわいいラベルも魅力的。

在来種の大粒大豆「さといらず」の炒り豆も、後を引くおいしさで、毎年買っています。

“砂糖要らず”が名前の由来となった「さといらず」の旨さは格別なのです。
知らないなんて、もったいない味、ぜひご自身で感じてください!

 

(マーマーな農家サイトスタッフ・池田弘美/2015.4.1)

農園八兵衛
 
icon02.png
宅配
投稿:スズキタカヤさん(新潟県)
nouenhachibe.jpg

2013年から、自然栽培で土と植物の力、人間の温かな見守りによるお世話で野菜を育てています。

自然栽培の畑にはいろいろな草、昆虫、小動物がたくさん存在し、野菜たちとうまく調和した状態が理想の畑です。

ごまかしや不純なものは一切通用しない世界。

それだけに大変さもたくさんありますが、その何倍もの楽しさがあります。
わたしの理想は、「気持ちのいい農業」です。

それは人間にとってはもちろんのこと、野菜、ほかの生き物にとっても同じこと。

とはいえ、「栽培」という行為は100%自然なことではないので、どうしても人間のエゴが介在してきます。

そのエゴも畑にうまく調和させ、ひとつの畑からその周囲へ、調和の輪を広げていきたい。

そうすることで、必然的に美味しい野菜も育つと思っています。


自然栽培を実践している畑は、新潟県五泉市(旧村松町)の矢津、八幡という地域にあります。

縄文遺跡が発掘された場所で、矢津八幡宮という鎮守の森があり、菅名岳、白山などの景観にも優れています。

しかし、用水がないことや、高齢化などにより耕作放棄地が目立ってきています。

この地域で自然栽培、あるいは有機栽培などの「気持ちのいい農業」を広げていき、ひとつのコミュニティとしてかたちづくっていけたらいいな、と考えています。

農法_______________________

農薬、肥料不使用の自然栽培。

野菜の邪魔にならない程度の草を生やすことで、土の状態が物理的にも生物的(微生物の活性化)にもよくなると考えています。

取り扱い作物_______________

夏野菜(ミニトマト、ナス、ピーマン、オクラなど)、里芋、さつまいも


10〜3月で紅はるかの焼き芋を販売しています
(出店情報は
Facebookでお知らせをしています)

農業体験&ワークショップ___


定期的なものはやっていませんが、随時畑見学、農作業体験を行っています。
畑の所在地がとても気持ちのよい場所なので、ピクニック気分で歩いてまわることができます。

住所______________________

〒959-1835
新潟県五泉市今泉1018

アクセス方法
◎電車の場合 JR磐越西線 五泉駅より徒歩15分
◎車の場合 磐越道新津ICまたは安田ICより20分

問い合わせ先______________
メール:p_kside@yahoo.co.jp

 les-mots-et-les-choses@docomo.ne.jp

Facebook

https://www.facebook.com/nouenhachibe/

推薦者よりひとこと________

塩原さんには、2014年に立ち上げたオーガニックマーケット「おひさま日曜市」の主宰の一人として精力的に活動していただいています。

お会いした時はまだ就農して間もない頃でしたが、まっすぐなまなざしで「新潟の在来種の野菜を中心に自然栽培でやっていきたい」と言った言葉は絶対に忘れません。
塩原さんの営農する五泉地域は、帛乙女(きぬおとめ)というブランド里芋の名産地で、ご実家も里芋を栽培されています。

帛乙女と同じ大和早生(やまとわせ)を塩原さんが無肥料無農薬で栽培したものは、代々受け継がれてきた種芋の素性の好さと相まって、本当に絶品です。

そして、新潟独特の茄子などの在来種の野菜も、種採りを実践しながら数多く栽培されています。
センスの好さ(オシャレでめちゃくちゃイイ男!)、まじめさ、インテリジェンスで、先鋭的な若い農家さんの旗振り役になるのではと、ひそかに期待を寄せています。

 

marilou・スズキタカヤ)