納豆つくってみました!レポート①

みなさま

こんにちは!


マーマーな農家サイト

ボランティアスタッフの はたのかずえ です。


今回は、ボランティアスタッフのお試し隊 中村 泰子さん

がレポートしてくれた納豆づくりについて

ご紹介いたしま~す。


それではさっそく。スタート~!


******


マーマーマガジン21号で

さささんが自家製納豆のつくり方と

その納豆を使ったレシピを紹介してくれました。

納豆って家でつくれるものなの?って思ったけど。


手順は…


大豆をゆでて

わらでくるんで

保温する


といういたってシンプルなもの。


お味噌づくりと甘酒づくりを足したようなもの?

だったらどちらもつくったことがあるので

なんとなく想像がつくぞ…ということでチャレンジしてみました~。


まずは材料集めから。

無農薬のわらは、知り合いの農家さんから

わけてもらうことができました。

大豆はまずは身近なところからと思い

近所のスーパーで国産のものを購入。


その大豆をひと晩、水に浸けておきます。

せっかくなので浸す水はBSW(ブルーソーラーウォーター)。


次の日に見ると大豆は3倍くらいにふくれています。





その大豆を鍋に入れ、ゆっくりとゆっくりと

弱火でゆでてやわらかくします。

ここまでの工程はお味噌づくりと同じ。

途中何度か水を足しながら4時間程煮ました。

もちろんここもBSWで!





さて、その間にわらの準備をしておきます。

わらなんて触ったこともなかったので

どれがはかま(下葉)かもわからない状態でしたが

細くて細かい部分やゴミを取り除き、軽く下洗いしました。

なんだか懐かしい青臭い香り。

お庭でもくもくと農作業をしている気持ちになり

少しだけ土とつながることができたような気がしました。


途中で稲穂を発見!





わらを大きな鍋で煮沸消毒します。

わが家では、お味噌づくりの大豆を煮る時にしか登場しない大鍋です。

大きい鍋が無い場合は、この時点で

保存容器の大きさにカットしてしまった方が、やりやすいかもしれません。

10分ほどぐらぐらとゆでたあと、お庭に干しておきました。



乾いたわらは、保存容器の大きさに合わせてカットし敷きます。

その上にゆでた大豆をどどど~と入れて。

わたしはゆでたての熱いままを入れました。



*******


レポート第一弾はここまでです。


さ~て。

中村さんの納豆づくり。

このあと、どのように進むのでしょうか。


続きをお楽しみに~☆