【長野県】なつみ農園さん/【千葉県】あしたの国農園(仮称)掲載しました!

みなさま こんにちは!


マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ 小林加代です。

今年はじめての新月。 いかがお過ごしになりましたか?

わたしは、年末からフル回転だった内臓さんに休んでもらおうと ビーツのスープをつくりました。

ビーツ、ご存知ですか? ボルシチに使われる、あの朱色のお野菜です。 食べる輸血といわれるほど、栄養満点のビーツ。

昆布のお出汁でいただきました。 元気がでるまっかな色、独特の少し土っぽい香り、大好きです。 シンプルですがお野菜のエネルギーをいただいた感じがしました。

寒いこの時期、スープおすすめです!

—————————–

さて、今週も続々と新しい農家さんをアップしております。

ひとつめは 長野県のなつみ農園さんです。 

古来種、在来種にスポットをあてたイベント「秋の種市」で なつみ農園・宮原さんのお野菜をいただきました。

小松菜は甘くて、これこそが小松菜!というしっかりとしたお味。

長野の伝統野菜を中心に小麦や大豆、お米も栽培されております。 伝統野菜はその名前がとても印象的。

「ねずみ辛味大根」「いいずな大根」「稲刻菜(いねこきな)」。 「釈迦堂」「善光寺」こちらは里芋なんですよ〜。

名前の由来、どんなお料理に適しているかなど お聞きするのも楽しいですね。

宮原さんにうかがったところ、今年は大豆が大豊作だったそうです。

上田市の在来種「こうじいらず」は こうじがいらないほど甘い、ということから名付けられたそう。

丹精こめて無農薬でつくられた甘い大豆。 どんなお味なんでしょう。

わたしは今年こちらの大豆で 手前味噌をつくってみたいと思います!

もう一軒は、千葉県のあしたの国農園(仮称)さん。 ボランティアスタッフ・松浦さんからご紹介いただきます!

—————————–


千葉県のあしたの国農園(仮称)は シュタイナー教育を実践している学園の敷地内にある田んぼ。

学園を支援している農家の小山さんが 無農薬コシヒカリを栽培しています。

ここで収穫されたお米の売り上げの一部は あしたの国シュタイナー学園・こども園に寄付され、 学園の運営に使われます。

というのも、 シュタイナー学園は文科省の認定を受けていない 「フリースクール」のため 充分な教材や教員の給与などの運営資金を集めるのに たいへん苦労されているとのこと。

わたしたちがいつもなにげなく食べているお米。 おいしい無農薬コシヒカリをいただいて 子どもたちの学びのサポートができるなんて なんだかうれしくなりますね。 (無農薬なのにとてもお買い得なお値段です!)

このすばらしい取り組みを教えてくださった 投稿者の石澤直子さんは、 お米のあまりのおいしさに食生活が一変したそう!

現在は隔月で定期購入をされているそうです。

「単純においしいので、一人でも多くの方に食べていただきたい」 という石澤さんのメッセージもぜひご覧ください。 

—————————–

松浦さん、ありがとうございます!

こども園の中に農園があるなんて、すてき! こどもたちにも、大きな恵みをもたらしてくれそうですね!

マーマーな農家サイトでは みなさんの農業体験談、おすすめの農家さん情報などを 絶賛大募集中です。

お気軽にどしどし、こちらまでメールをくださいね! info@murmur-farm.com

お待ちしておりま〜す!

マーマーな農家サイト 小林加代でした♪