【レポート】種まきをしよう!

みなさま こんにちは。


マーマーな農家サイト ボランティアスタッフ 小林加代です。

みなさまいかがお過ごしですか。

おうちでお仕事されている方

いえいえ出勤してるのですの方

ひっそり家の中で過ごしてますの方

さまざまにお過ごしのことと思います。

いずれにしても、毎日胸えぐるようなニュースが飛び交っていて

なんだか不安、モヤモヤする、緊張がほぐれないなど

おつかれモードになっていませんか。

かく言うわたしも、すこし・・・いやだいぶ神経をつかっていたようで

肩や背中がカチンコチン、集中しずらく氣があがっているのを感じます。

こりゃいかん! ということで

やってみました!

種まき!!

うちにあった種から、選ばれしものはこちら!





左から、ガーリックチャイブ(ニラ)、ジェノヴェーゼバジル、リーフレタス。

直まき(直接畑やプランターにまくこと)にしようかと思いましが

種まき用ポットを前に買ってあったので使ってみましたYO

(卵のパックやペットボトルを切ってなんてのもグーですね!)

◯用意するもの 【土、種、種まき用ポット、お水、竹串、小さな器、発芽してきたら使うプランター】



まず、ポットに土をまんべんなく入れて、たっぷりのお水をジョウロで注ぎます。

種を器に移します。風が強いので、飛ばないよう慎重に。




竹串で真ん中に穴をつくります。2〜3センチくらい。

そこに、小さな種たちを

ふた粒から、み粒くらい入れました。


そおして、土をこんな風にやさしくかぶせます。



できましたっ♡

あとは発芽するまで、お水を毎日あげます。

だいたい15〜20度くらいになると発芽してきます。

種の袋にまき時のことも書いてあるので、参考になさってみてくださいね。

そうそう、マーマーなブックスアンドソックスでも春まきの種たちが揃っております!

赤花絹さやエンドウとかいいなあ

四葉キュウリなんて食べてみたい!

在来のお野菜はどれも力強く、エネルギー高くて

なによりおいしい!!

4月8日は満月ですね。

そう、種まきに最適のとき!(満月5日前からよいといいます)

月の引力や月光の関係で、根をしっかり張って安定させながら成長するのだそう。

昔の人はすごいですね。

長い経験から、月と植物の関係をたくさん発見していた。

この月の満ち欠けに合わせた農法が

学者ルドルフ・シュタイナーによって提唱された、バイオダイナミック農法で

オーガニック・ファーム「百姓農園」さんが実践なさっています。

百姓農園さんは、千葉県から愛知県へ移転されもっか準備中とのこと。

農家サイトスタッフやわたしもいただいていた

お野菜セットの販売も、6月再開を目指しておられるそうです。

あたらしい土地でのこと、またお話し伺ってみたいと思います。

さて!

長くなってしまいましたが

ぜひ、こんな時こそ

土に触れて育てることはじめてみたくださいね!

そして育ててみた感想や、ご報告などなど

お気軽にメールをお送りくださいませ。 詳しくはこちらをご覧ください。

マーマーな農家サイト 小林加代でした。