【レポート】北海道江別市より~無肥料&無農薬で家庭菜園やってます!

みなさま、こんにちは♪ マーマーな農家サイト ボランティアスタッフの はたのかずえです。


秋ですね…。 澄み切った秋空。 見ていると気持ちよくて、深呼吸したくなります。

さて、今回は北海道で無肥料無農薬の家庭菜園をされている カエル菜園さんからお寄せいただいたレポートをご紹介いたします。

農に興味を持ったきっかけや、家庭菜園のたのしいことなど、 参考になること盛りだくさん!です。

それでは、さっそくどうぞ~。

○菜園について

2014年から畑を借りて、ことしで2年目になります。 畑は15m×15mほどのスペースで 人参、食用ホオズキ、ピーマン、ナス、トマト、ネギ、 かぼちゃ、ズッキーニ、ビート、パセリ、ニラ、水菜、 白菜、小松菜、大根、カブ、ハーブなどをつくっています。


種は、固定種、交配種どちらも使っていますが なるべく安全なものを選ぶようにしています。 自家採取もします。

栽培方法は、無農薬・無肥料、露地栽培、耕起です。



○家庭菜園をはじめたきっかけ

TPPや遺伝子組み換え作物の導入、蜂の減少などの状況から 世界全体の流れが、食の安全や環境の保全とは 反対の方向に進んでいるようで不安を感じていました。

世の中の流れが変わることを願っていましたが、 どうもそうはならないように感じたので 自分の食べる物は自分でつくろう、 土や植物を守ろうと思い、行動に移すことにしました。

ちょうど自然療法で治療中だったため、 食の安全が第一だと痛感していました。

はじめは農業もやってみたいと思ったのですが、 体力的にも経済的にも自分には合っていないと感じ、 家庭菜園にしました。

○やってみて良かったこと

とにかくどの野菜もとてもおいしいので、食の楽しみがあじわえました。 それに香りもとても良く、驚きました。

食事は野菜中心になり、まず腸の調子がよくなりました。 そして、しっかり食べ、農作業をする、の繰り返しで 体力もついたように思います。 運動不足の解消にもなるので、自然に痩せられます♪ わたしには畝たてと支柱たてがけっこうな運動になりました。 服が濡れるほど汗をかくので、いいデトックスができます。

少々の睡眠不足があっても、元気でいられるし、 食べる量が少なくても体力が維持できるので助かっています。 これは、自然療法と食をベースにした療法の相乗効果だと思います。

自分でつくったものを食べていると、 わたしたちにとって本当に必要なのは、 こういうエネルギーなんだと実感するようになりました。 新鮮な野菜の命をいただいて元気になれるのは 本当にありがたいことです。

精神的にも変化がありました。 かつてのわたしは、世の中の流れに悲観したり焦ったりして、 セミナーやデモに参加していたのですが、 いまはそれもなくなり、落ち着いて畑をやっていられます。

作物の成長もたのしみのひとつで、 とくに芽吹きの様子は本当に可愛い!のです。 畑の花や虫たちにも癒されています。 虫や動物は、自然と調和している作物には悪さをしないようです。 虫が作物を食べたりするのは、ほんの少しだけで みんなで仲良く畑で暮らしている感じです。

とても可愛らしいです。 畑が自然のアートのようで、それをデザインする楽しみもあります。



○経済的なこと

材料費や種代など初期投資はありますが、 自家採取を重ねていけば、負担は少なくなります。 シーズンには野菜を買わなくなるので食費はあまりかかりません。 とれた野菜を友人が勤めているお店で販売してもらっているので その売上を材料費にあてています。

○これからについて

畑仕事は、あたらしくてとてもおしゃれなことだと思っています。 いまわたしは、限られた面積の土壌改善をしたり、 食を通してのカラダの改善をしているところですが、 オーガニックな家庭菜園の輪がこれからどんどん広がって 大きな力になっていくことをたのしみにしています。

***************

カエル菜園さん、レポートありがとうございました!!

マーマーな農家サイトでは みなさんの体験レポート、おすすめの農家さん情報などを 絶賛大募集中です。

お気軽にどしどし、こちらまでメールをくださいね! info@murmur-farm.com

お待ちしておりま〜す!

はたのかずえでした!